Dorone Movie Contest 2020

2015年11月、デジタルハリウッドでは、「LIFE with Robotics!」をコンセプトに、よりよいみらいを描き、
実生活の中にロボットの活用機会をデザイン・実装できる人材の養成を行う『デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー』を開校いたしました。JUIDAの認定校第1号として、そして国土交通省認定講習団体として、『ドローン専攻』ではドローンの利活用を推進するプロフェッショナルの養成を進めてまいります。

ドローンを使った映像コンテンツは広がりを見せているものの、いまだ黎明期であり、
業界全体としてクリエイティビティを高めていく必要があります。しかし、それは安全性を無視したものであってはなりません。
安全ガイドラインに則り、かつクリエイティブな映像作品を生み出すことが、いまクリエイターに強く求められていると私たちは考えております。

そこで安全ガイドラインに則った、ドローンによる優れた映像作品を生み出すことを目的に、
JUIDAとデジタルハリウッドはドローンを使った空撮コンテストを開催いたします。

コンテスト Dorone Movie Contest 2020
応募締切 2020年2月29日(土)
対象
  • ドローンで空撮した3分以内(180秒以内)の動画作品を審査対象とする。
  • 作品時間の50%以上をドローンで撮影している。
  • 投稿はVimeo等の動画共有サイトにパスワード保護による限定公開設定にてアップロードし、以下のフォームよりURLとパスワードを事務局に送付してください。
審査基準
  • JUIDAの安全ガイドラインを満たした撮影を行っている。
  • 映像作品としての芸術性や、技術的な先進性などを審査ポイントとする。作品のジャンルは問わない。
  • 差別的な表現や、危険な撮影手法などがある作品は審査の対象外とする。
審査員
  • エイミーモリ
  • 伊藤広大
  • 猪川トム
  • ロボティクスアカデミーカリキュラム監修
    株式会社Dron é motion

応募・詳細はこちら

あわせて読みたい