2019金沢・世界工芸コンペティション

「金沢・世界工芸コンペティション」は、“工芸の新しさ”を世界へ発信する国際コンペティションです。このコンペティションでは、工芸の世界で培われてきた技術を活かし、卓越したコンセプトやアイディアによって生まれた、表現力豊かな芸術作品を求めます。今回は「越境する工芸」をテーマに、工芸の技術的な精緻さを一義的に競うのではなく、同時代の深層を鋭く捉えるような広い視野に立った作品を期待します。対象となる技法材料は、陶磁、金属、染織、漆、人形、木、竹、ガラス、革、七宝、紙、その他とします。新しい時代を予感させる作品の応募をお待ちしています。

名称 2019金沢・世界工芸コンペティション
応募資格 国籍、年齢を問いません。
個人またはグループで2016年以降に制作され、未発表のもの。他の公募展に未出品のもの。
応募点数 1人(グループ・団体)につき1点(組)まで
応募締切 2019年4月15日(月)必着 ※日本時間24時まで
募集対象 1.現代的な視点によって、これまで工芸が培ってきた固有の技法や材料を活かし、個性あふれる、表現力豊かな作品。
2.陶磁、金属、染織、漆、人形、木、竹、ガラス、革、七宝、紙、その他の分野の作品。
またはそれらの組み合わせで制作された作品。
3.作品形体・サイズ
作品形体:立体作品または平面作品。
作品サイズ:縦、横、奥行の3辺のサイズの合計が350㎝以内。重量は50kg以内。
※平面の場合は額縁寸法・重量を含む
※額にはガラス、アクリルは入れないでください

応募・詳細はこちら

あわせて読みたい